サーバ構築・運用・監視のネットフォース

標準サーバ監視項目

標準サーバ監視項目のご案内 Watch List

死活監視
 ICMP echo/reply による接続の確認を行います。
監視対象 監視方法 検知条件 障害対応
ICMP ICMPで対象の死活監視 3回連続で失敗した場合検知 サーバ(インスタンス)が停止している場合は、サーバ(インスタンス)の再起動を実施いたします。

※ 障害を検知した際には、ご指定のメールアドレスに通知します。
※ 標準の監視間隔は1分です。

レスポンス監視
 ICMP、TCPポート(HTTP・HTTPS・SMTP・DNS・SSH・POP・FTPなど)に対して外部からのレスポンス監視を行います。
監視対象 監視方法 検知条件 障害対応
HTTPポート HTTPポートへ接続確認 3回連続で失敗した場合検知 サーバへログインし、サービスが停止、または動作異常の際には、一次対応手順に基づき、WEBプロセスの再起動を実施いたします。
HTTPSポート HTTPSポートへ接続確認
SMTPポート SMTPポートへ接続確認 サーバへログインし、サービスが停止、または動作異常の際には、一次対応手順に基づき、メールプロセスの再起動を実施いたします。
DNSポート DNSポートへ接続確認 サーバへログインし、サービスが停止、または動作異常の際には、一次対応手順に基づき、DNSプロセスの再起動を実施いたします。

※ 障害を検知した際には、ご指定のメールアドレスに通知します。
※ 標準の監視間隔は1分です。

プロセス監視
 WEB、メールなど、ご指定の起動プロセスの数や接続状況の内部監視を行います。
監視対象 監視方法 検知条件 障害対応
WEB WEBプロセスの内部監視 3回連続で失敗した場合検知 サーバへログインし、サービスが停止、または動作異常の際には、一次対応手順に基づき、WEBプロセスの再起動を実施いたします。
メール メールプロセスの内部監視 サーバへログインし、サービスが停止、または動作異常の際には、一次対応手順に基づき、メールプロセスの再起動を実施いたします。
DNS DNSプロセスの内部監視 サーバへログインし、サービスが停止、または動作異常の際には、一次対応手順に基づき、DNSプロセスの再起動を実施いたします。

※ 障害を検知した際には、ご指定のメールアドレスに通知します。
※ 標準の監視間隔は1分です。
※ 監視エージェントの導入が必要です。

リソース監視
 CPU、メモリ、ストレージ、トラフィックなどの内部リソースの監視を行います。
監視対象 監視方法 検知条件 障害対応
CPU CPUのロードアベレージやI/Oウェイトなどの内部監視 検知条件は要件に応じて設定いたします。 一次対応手順に基づき、対応いたします。
メモリ使用量 メモリ空き容量などの内部監視 残り20MBになったら検知
DISK空き容量 DISK空き容量などの内部監視 残りがDISK全容量の20%になったら検知
ネットワークトラフィック量 送受信トラフィックの内部監視 検知条件は要件に応じて設定いたします。

※ 障害を検知した際には、ご指定のメールアドレスに通知します。
※ 標準の監視間隔は1分です。
※ 監視エージェントの導入が必要です。

シナリオ監視
 指定したURLからWebページをダウンロードし、ダウンロード速度・レスポンスタイム・ステータスコード・ページ内の特定文字列などの監視を行います。

※ 障害を検知した際には、ご指定のメールアドレスに通知します。

閾値監視
 閾値を決めて監視し、閾値超過時にアラート通知します。簡単な条件式だけでなく、いろいろな論理演算の設定が可能です。

※ 障害を検知した際には、ご指定のメールアドレスに通知します。

ログ監視
 指定したログの監視を行います。ログファイルが特定の文字列または文字列パターンを含む場合、通知することができます。

※ 障害を検知した際には、ご指定のメールアドレスに通知します。

データベース監視
 MySQL、PostgreSQL、Oracleなどのデータベースの状態監視や、クエリ数などの監視を行います。

※ 障害を検知した際には、ご指定のメールアドレスに通知します。

その他
 カスタムスクリプトを使用しての監視、ネットワーク機器のリンクステータス監視、アプリケーションのパフォーマンス監視など、要件によって監視項目を設計し、監視を行います。

※ 障害を検知した際には、ご指定のメールアドレスに通知します。